あらすじ

あらすじ

軒轅剣シリーズについて

軒轅剣シリーズについて

「軒轅剣」は
台湾の大宇資訊股份有限公司
(ソフトスター)が開発したゲーム。
中国戦国時代の墨家という学派が残した
“機関”と呼ばれる動力装置や
科学技術をめぐる壮大なストーリーと、
機関獣という斬新な戦闘キャラクターを使っての
バトルプレイが多くのファンを引き付けている。
1990年に第一弾が発売されてから、
今年28周年という長寿シリーズで、
これまでに本編・外伝合わせて12作品がリリースされ、
アジア圏でのプレーヤーは数百万人にのぼる。
ゲームの人気を受けて、ノベライズ、コミック、
実写スペシャルドラマ化などが展開され、
ドラマは高視聴率を記録、
ネット配信でも数億回の再生回数となっている。
この大人気ゲームを、
テレビ東京がソフトスター(上海・台北)と
ナダホールディングスと共同製作によりついにアニメ化。
ゲームの世界観をそのままに、
オリジナルストーリーでおくる。

「軒轅剣・蒼き曜」とは

「軒轅剣・蒼き曜」とは

機関獣と、神秘的な古代のアイテムが織りなすバトル、
軒轅剣シリーズ12作品中で人気の高い
「外伝 蒼之濤(そうのとう)」(2004年)、
そこにつながる物語を描く作品となる。

上古十大神器『太一輪』
(じょうこじゅうだいしんきたいいちのわ)。
そこに『太白剋太辰』と刻まれたことで、
歴史は大きく変貌した。
太白帝国は『機関獣』を量産し、
強大な武力によって神州大地を掌握。
更なる国土を求め、世界征服を目論んだ。
時は太白歴99年。
太白帝国と、それに抗う反抗軍との
戦闘が各地で続いていた。
古代の動力で動く帝国の戦闘装置『機関獣』に、
伝説の神器の一つ“軒轅剣”を手に
反抗軍の少女が立ち向かう。
その頃、少女の幼馴染みの少年は
帝国の奴隷となっていた。
自分たちの村が襲われたにもかかわらず、
少年は機関獣に魅せられていく。
生き別れ、互いに死んだと思っていた者たちが
再び出会う時、
すべての人々の運命が歴史の激流に巻き込まれる。

機関術・機関獣とは

機関術・機関獣とは

機関術

機関術ははるか昔に、工匠の神 魯班(ろ はん)と
墨家という学派が開発した技術。
当初はネズミなどの小動物を動力として
カラクリを動かしていた。
時を経て改良され、
妖魔の力を動力に利用できるようになり、
大型の兵器などにも使えるようになった。
機関術を使って動く兵器などが機関獣と呼ばれる。

機関獣

踏弩(とうど)

踏弩(とうど)

指揮官が乗る大型の機関獣。
巨大な矢を放てる装置や投石の装置がついた型がある。

機関独楽(きかんごま)

機関独楽(きかんごま)

独楽型の機関獣。
回転しながらこん棒型の武器で周囲の物を破壊する。

機関蟷螂(きかんとうろう)

機関蟷螂(きかんとうろう)

カマキリ型の機関獣。するどい刃が武器。

フィフィ

フィフィ

蒲釗が作った機関獣。
ふるさとの村で飼っていた羊がモデル。
蒲釗は自力でフィフィを作った能力を龍澄に認められ、新たな機関獣の開発に没頭していく。

反抗軍側のアイテム

反抗軍側のアイテム

木甲術

古代の工匠 偃師(えんし)が実践した磁力で木工品を操る技術。
車芸(しゃうん)の祖父が技術の一部を復活させることに成功し、雲狐を製作した。

軒轅剣

軒轅剣

上古十大神器の最重要アイテム。
神話時代に、軒轅黃帝(けんえんこうてい)が天女と共に天界の剣と自身の力を材料として作ったとされる。
軒轅剣を手にすれば世界を征服できると信じられている。

天書 天書

※画像は本編から

天書天書※画像は本編から

天書

壷中仙という仙人が作った竹簡。
開いて呪文を唱えることで法術を繰り出したり、中に物を保管できる。軒轅剣も天書に入っている。

top

top